TOP▲
トップ > 扁桃腺摘出手術に関する記事一覧 > 扁桃腺手術のメリット
扁桃腺摘出手術のメリット

扁桃腺摘出手術のメリット

#扁桃腺手術 #手術体験談 #扁桃腺炎の予防
スポンサードリンク

扁桃腺手術のメリット・デメリット

扁桃腺摘出手術のメリット

このページでは、管理人が自分の体験から感じた扁桃腺手術のメリットをまとめています。 個人的な感想なので、必ずこうなるとお約束するものではありません。

扁桃腺手術のデメリットについてはこちらのページ。
咽頭痛  舌の痛み・違和感  味覚障害  声変わり  鼻咽腔閉鎖不全  出血

扁桃腺手術のメリット① 扁桃腺炎を発症しなくなった

扁桃腺の手術後、扁桃腺炎を発症しなくなりました

扁桃腺には、

口蓋扁桃・・・一般的に「扁桃腺」とよばれているところ
咽頭扁桃・・・鼻の奥にあり「アデノイド」ともよばれているところ
舌根扁桃・・・舌の付け根にある扁桃腺
耳管扁桃

があり、私は「口蓋扁桃」のみを摘出しました。

なので、口蓋扁桃以外の扁桃腺は、手術後も炎症を起こす可能性があると言われていたのです。 でも、手術を受けた後、扁桃腺炎を起こすことは、まずなくなりました。

それまで年に数回、扁桃腺炎に悩まされていましたし、 手術を決断した2006年に至っては、毎月のように扁桃腺を腫らしていましたから、 扁桃腺手術のメリットと言っていいのではないかと思います。

ただ、扁桃腺をとった直後に2回も風邪をひいて、咽頭炎を起こしてしまったので、それ以来、 風邪の予防に気を付けたり、今は、免疫力アップをテーマに健康的な毎日を過ごす努力はしています。

扁桃腺炎予防のヒント(免疫力アップや風邪予防のヒント)

ただ、手術から約10年後、のどのイガイガが気になり、うがいだけでは治らなかったことがあり、 熱も少しあったので、耳鼻科を受診したのですが、「風邪ですね」と言われ、 処方されたお薬の説明欄に、なんと!「扁桃炎」の記載がありました。

お薬①
【効能・効果】出血および扁桃腺などのはれや痛みを抑える薬。
(備考)扁桃腺のはれや痛み、口内炎などに用いられます。

お薬②
【効能・効果】のどの痛みやはれをやわらげる漢方薬。
(備考)扁桃炎、扁桃周囲炎を改善する漢方薬です。

「えっ!扁桃腺炎?」「これが扁桃腺炎?(私が知っている扁桃腺炎に比べると)全然痛くないけど・・・。 どの扁桃腺だろう?」と、思いました。 どうやら、口蓋扁桃以外の扁桃腺炎を起こしたみたいでした。

扁桃腺の手術後、風邪によるのどの痛みが軽くなりました

扁桃腺をとった後の、咽頭炎や扁桃腺炎の痛みは、かつての扁桃腺炎に比べると、 全然たいしたことないと思えたことも、扁桃腺手術の大きなメリットだと思いました。

「イガイガするから、炎症が起こってるんだろうなぁ」と思うぐらいで、 かつての扁桃腺炎に比べたら、正直、「痛い」という感覚ではないのです。

扁桃腺の手術を受ける前は、扁桃腺が腫れると、とにかく痛くて痛くて、 その痛みが本当に辛かったですし、それに加えて、のどにかなりの異物感があって(腫れているところが邪魔)、 ものすごく気持ちが悪かったのです。

扁桃腺の腫れがひどい時には、のどが狭くなって、痛みと、のどの狭さで、 食事を飲み込むのも辛く、お腹は空いているのに、食事ができないということもありました。

それが、一部の扁桃腺(口蓋扁桃)がなくなったことで、その部分が”腫れる”という症状がなくなったので、 のどのイガイガはあっても、のどの異物感という気持ち悪さがなくなりました。

手術を受ける前、二十数年もの間、何度も何度も何度も!経験してきたあの激痛と不快感を二度と味合わなくていいと思うと、 私にとっては、最高のメリットだと思いました。

扁桃腺手術のメリット② 膿栓ができなくなった

扁桃腺の摘出手術後、膿栓が全くできなくなりました

扁桃腺の手術を受ける前は、時々、のどの奥(口蓋扁桃のあたり)に白いゴロゴロした膿栓(臭い玉)ができることがありました。 膿栓とは、扁桃腺の穴につまった細菌の死骸や食べ物のカスのことです。

扁桃腺と膿栓と口臭

その当時の私は、「膿栓」という名前も知らず、なぜ、こういうものができるのかも知りませんでした。

膿栓ができると、のどに違和感があって、気になるので、舌先を扁桃腺に向けて、白い塊を頑張ってとったり、 大きいものだと、ゴロゴロペッとうがいをしたり、咳をすると、ポロッと出てくることもあったと思います。

ある時、「また、あの白い塊できたな」と思って、鏡でのどの奥を見たのですが、 扁桃腺に大きめの膿栓が”埋まっている”姿に、本当に驚きました。

そして、恥ずかしながら、この「膿栓」、本当に臭いんです(>_<)!

私は、当時、”白くて臭い塊”は、みんなできるものだと思っていました。 そして、扁桃腺の手術を終えて、このホームページを作るにあたり、色々調べているうちに、 どうやらそうではないらしいと思い始めたのです。

「膿栓」という名前を知り、「あれっ、そう言えば、最近、あの白くて臭いの出てこなくなったな」 「えっ、あれが膿栓だったの?!」と気づきましたf(^^;)。

扁桃腺の手術以降、膿栓は全くできなくなりました。 私にとっては、扁桃腺手術を受けたメリットの一つだと思います。

※『膿栓は主に口蓋扁桃に付着しますが、 上咽頭に存在する咽頭扁桃(アデノイド)や舌根扁桃を始め ワルダイエル輪を構成するリンパ組織にはどこにでも出来ます。』(引用)
笠井耳鼻咽喉科クリニック 自由が丘診療所

とのことですが、私は口蓋扁桃のみ摘出しただけで、膿栓とはサヨナラできました。

みんなの扁桃腺体験談 ~膿栓~

ひどい膿栓にも悩まされていましたが、これは完全に解消されました。 膿栓による不快感(四六時中膿栓が出ることや口臭など)が消えただけでも手術を受けて良かったと思うくらいです。 術後の痛みが取れるのや体力の回復に時間はかかりましたが、本当に手術を受けて良かったです。

>>ふたばさんの手術体験談をもっと読む

扁桃腺手術のメリット③ 腎炎が悪化していない

扁桃腺の手術後、腎炎の症状は悪化していないようです

私は、腎炎を患っています。ただ、扁桃腺炎と腎炎(私の場合)のページでもご紹介しているのですが、 私は、扁桃腺の手術を腎臓病の治療の一環として受けたわけではありません。

「扁桃腺炎のせいで、腎炎になった」とか、「扁桃腺をとったから、腎炎が良くなった」とか、 言われたことがないので、扁桃腺を摘出したお陰なのかどうかは、全くわからないのですが、 手術以降、腎臓の機能は低下していないようです。

こういう状態なので、手術のメリットと言って良いのかわからないのですが、多少、良い影響があったのではないかと思うので、 このページに書かせていただきました。現在は、薬を飲む必要もなく、年に1回の尿検査と血液検査のみで、状態が悪化していないことを 確認するにとどまっています。

腎臓について、現在、気を付けていることは、塩分を摂りすぎないようにしていることぐらいです。 料理には減塩醤油を使います。料理は、使う醤油で味がだいぶ変わってしまうので、 例えば、我が家の場合は、減塩醤油で作った”肉じゃが”と、おいしい醤油で作った”肉じゃが”を食べ比べたら、 後者の方がおいしく感じます。

でも、普段から、すべての料理に減塩醤油を使っていれば、それはそれで、おいしいです。 全然気になりません。ただ、お刺身など、醤油だけで味が決まってしまうものは、おいしい醤油を使うようにしています。 お刺身を減塩醤油で食べたら、おいしくなかったです。

それから、味噌汁やラーメンなどのスープは味わう程度にして、ほとんど残します。 これは、慣れてしまえば、苦ではありません。今は、当たり前に残せます (お店の方には、申し訳ないと思っています。ごめんなさい。)

スポンサードリンク

扁桃腺摘出手術の後遺症・デメリット


扁桃腺手術の後遺症はありますか?

りよんの扁桃腺手術体験記

スポンサードリンク
Copyright(c) since 2006 りよんの扁桃腺手術体験記 All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com