TOP▲
トップ > 扁桃腺摘出手術に関する記事一覧 > アンケート結果(扁桃腺摘出手術を受けた理由) > 病巣感染扁桃(溶連菌感染症)

扁桃腺摘出手術を受けた理由:病巣感染扁桃(溶連菌感染症)

#扁桃腺手術 #手術体験談 #デメリット #後遺症 #扁桃腺炎の症状

スポンサードリンク

病巣感染扁桃という理由で手術を受けた方のコメント

  • 溶連菌感染のため。
  • 病巣感染症により皮膚・関節等に影響を及ぼすようになり、何度も入院を繰り返していた。(そのせいで会社も辞めざるを得なくなった為)
  • 扁桃腺の病巣感染検査が陽性になったため。扁桃腺炎自体は年に2~3回程度だったのでそれほど苦しんでいなくて、検査結果の数値も微妙だったため術後のリスクを考えるとすごく怖くて迷った。
  • 病巣感染の場合 発症から一年以内の扁桃腺摘出は効果が高いと知ったから。
  • 扁桃腺に菌が住み着いていたので、摘出しなければ一生薬を服用することになってしまうから。
  • 扁桃病巣感染症。
  • 溶連菌感染症にかかっていたため。
  • 扁桃腺に病巣があるというので。
  • 病巣感染。
  • 溶連菌による扁桃腺炎で症状がかなり悪かったため、4日間入院。退院後2週間で再発したため手術を即決しました。
  • 子どもの頃によく扁桃炎になっていたのですが、中高で落ち着いていました。大学生の時からだんだん体調を崩しがちになり、 社会人として働く1年の間に溶連菌感染症を頻繁に起こすようになりました。 医師から手術を勧められ、また今後の生活にも不安を感じて手術を受けることにしました。
  • 溶連菌に複数回感染したから。
  • 毎年、溶連菌にかかり、体への負担と子供がまだ、小さいため世話ができなくなるから。
  • 病巣扁桃腺炎により溶連菌や微熱に悩まされていた。
  • 扁桃腺に溶連菌がつき、高熱、激痛のため水ものめない状態になったため
スポンサードリンク

扁桃腺摘出手術に関するアンケート集計結果

スポンサードリンク
Copyright(c) since 2006 りよんの扁桃腺手術体験記 All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com