TOP▲
トップ > 扁桃腺摘出手術に関する記事一覧 > アンケート結果(扁桃腺摘出手術を受けた理由) > 扁桃腺炎を繰り返す

扁桃腺摘出手術を受けた理由:扁桃腺炎を繰り返す

#扁桃腺手術 #手術体験談 #デメリット #後遺症 #扁桃腺炎の症状

スポンサードリンク

扁桃腺炎を繰り返す(発熱)という理由で手術を受けた方のコメント

子供の頃より高熱をよく出していたが、扁桃腺が小さい為手術の話はなかった。 ここ何年か毎月高熱を出すたび、抗生物質を服用。育児の疲労により毎月高熱を出し、 月の半分は抗生物質を服用していた為、育児休暇中に手術を決意。
※最後に診察してもらった耳鼻科で扁桃腺の大きさは関係ないと教えてもらってやっと手術の選択肢が出来た。
ここ2年の間に扁桃腺炎になる回数が増え、風邪のシーズンには月に2回以上ということもあり、 高熱はでないタイプですが、腫れが辛いこと、そして何より抗生剤で胃腸をやられ、 それによる食欲不振で体力が落ち、また扁桃腺炎に…という悪循環に陥り…手術を決心しました。
月に一度の頻度で扁桃腺が腫れ、高熱がでるのを繰り返していたため。 ただ、私の扁桃腺は肥大ではなく普通の大きさでした。大きくないのなら体調に気をつければいいのかな・・・ と手術をずっと敬遠していました。しかし今後のため、いつ発熱するかわからない不安を取り除くため、 手術を決断しました。
二人目を産んでから、月1ペースで扁桃腺炎を繰り返して育児家事がままならなくなったから。 二人目がミルクでも大丈夫になった事と夫の仕事の都合がついたのでかかりつけ医から手術のできる大きな病院を紹介してもらい、 その病院に行った日に次の週に空いてると言われて、そこで即決した。
幼いころからよく高熱にうなされ、扁桃腺が腫れることがよくあり、 小学4年生の時に近くの病院に評判のよい先生が耳鼻科を新設したのと、 手術するにはこの年齢までが最適であるとアドバイスされたため。
慢性扁桃炎で細菌検査の結果、溶連菌が居るといわれ、 腎臓に負担がかかり病気に成ると言われたので、腎臓を壊したくないので扁桃摘出に即答した。 腎臓病と扁桃腺摘出術なら手術を選ぶでしょーー。怖いけど即答です。迷う時間はなし。
  • 風邪をひけば、必ず喉に激痛がはしり、その後風邪が完治するまでに1ヶ月かかり、 それが冬中繰りかえしおおこるので。
  • 年間でかかる病気が扁桃腺炎なので。
  • 3ヶ月、生理が終わるたびに腫らしていたため。
  • 子供の毎月の発熱。
  • 半年で扁桃腺炎を4回も患い、4回目にはこじらせて敗血症になったため。
  • 年に数回高熱を出す。
  • 高熱を繰り返すようになり大変つらかったため、こちらから手術を依頼しました。
  • 月に1~2回扁桃腺に白いぷつぷつが出来、仕事を休まなくてはならなくなる前に病院に行き、 抗生物質を服用し、抗生物質の飲み過ぎで体調が逆に悪くなったりもした為。
  • 扁桃腺炎が原因で、半年間で3回も40度近い高熱を出したため。
  • 頻繁に扁桃腺炎を起こし、育児に支障が出るから。
  • ①はじめは3ヶ月に一回くらいの発症だったが間隔が狭くなり毎月のように発症し、 仕事や余暇など生活のすべてをおびやかすようになった。②かかりつけの内科受診をやめ耳鼻科を受診した際炎症を繰り返すことの 将来的なリスク(リウマチ・腎盂炎併発など)を知った。
  • 扁桃腺炎で内服治療したが、結局は完全に治癒することも無く、 約半年間も扁桃腺炎に苦しんだので根本的な治療を考えると手術したほうが良いと考えた。
  • 頻繁に扁桃腺炎を起こし、熱が出るため 。
  • 頻繁に高熱を出す。
  • 約半年間毎月高熱を出していたため。
  • 扁桃腺炎により頻繁に発熱する為(月1~2回程度)、医師に勧められた。
  • 年に数回扁桃腺炎で高熱を出していたので、医者から勧められた。
  • 毎年3回~4回風邪をひく度に扁桃熱で38℃~39℃の熱を出しフラフラに。 別々の病院の3人の医師が、処置を勧めるので覚悟を決めた。
  • 頻繁に扁桃腺が腫れて、なおかつ免疫機能の衰えていく甲状腺疾患があるため。
  • 半年の間に5回ほど高熱とへんとうせんがでたため。
  • 入院費のことや家事や仕事を休むことを考えると踏ん切りがつかなかったため。 ただ、1か月に2回扁桃腺を腫らすようになりやむなく決断。
  • 毎月腫らすようになったため。
  • 高熱の出る間隔が1ヶ月を切ったから。
  • 繰り返していたため。
  • 毎度の発熱にストレスを感じていたし彼氏にずっと元気でいて欲しいと手術を勧められたから。
  • 香港在住です。昔から風邪を引くとすぐノドをやられていましたが、 08年冬に風邪を引いてからその後毎月のようにノドのいたみ、発熱。 こちらは肥大しない限りいっさい切ることは検討しないようで、あまりにつらいので、「切ってくれ!」と懇願しました。
  • 年に数回の発熱。
  • 昨年何度も高熱を繰り返し、今年にもまた40度の高熱が出たため。
  • 今まで扁桃腺が何度も腫れて、そのたびに高熱に苦しみ、社会に対応出来なかったから!
  • 月に1回のペースで扁桃腺が腫れていたし、かかりつけの医者からも勧められた為。
  • 30才を過ぎてから年に3~4回風邪をひいていましたが、 それが扁桃腺だと気付いたのは34才の時でした。それまでは体力で持ってたみたいです。 病院も内科に行ってましたし…34才になり風邪の頻度が上がり、1年後には内科医から手に負えないから 耳鼻咽喉科に行きなさいと言われ、それでもダメで手術となりました。
  • 冬になると扁桃腺が腫れ高熱を出すか、熱を出さない為に抗生物質を飲み続けたら、胃痛下痢に悩まされていた。
  • 疲れや睡眠不足、気候の変化ですぐに扁桃腺炎を繰り返してしまうため。
  • 腫れる頻度の高さ。
  • 私の場合は32歳で手術を実施しましたが、小さい頃からしばしば扁桃腺が腫れ、発熱する事がありました。しかしながら、ここ半年は毎月のように扁桃腺の腫れ、発熱が見られたため。
  • 扁桃腺炎の起きる間隔が毎回短くなってきた事。起こるたびにひどくなっている事。
  • 月に1回の割合で扁桃腺炎になるようになってしまい、ほぼ毎日抗生物質を飲む生活が続いた為。
  • 毎月扁桃腺炎を起すようになったから。
  • 扁桃腺炎からの度重なる発熱に嫌気があった。
  • 8歳の息子ですが、2週間おきに扁桃腺炎を繰り返していたため。
  • 3年程前から風邪をひいたあと扁桃腺炎による高熱が年に4,5回繰り返しており仕事もその都度5日間は休むというのがもっぱらになってしまい。
  • 月2回のペースで扁桃腺炎になるようになり、もう会社に迷惑をかけたくなかったので。
  • 何度も高熱に悩まされるため。
  • 仕事が忙しくなると、毎月のように40度の高熱を出していました。
  • 昨年位から2~3回高熱で悩まされ、嫌気がさしたため。
  • 扁桃腺炎。
  • 扁桃腺が毎月腫れて高熱を出し、仕事や生活に支障が出たから。
  • 1年ほど前から扁桃腺炎で高熱が出るようになり、3か月後に腫れたときには抗生剤を飲んでも治らず薬が効かない状態で服用をやめると翌日には腫れてしまうようになったため。
  • 扁桃腺を半年の間に4回腫らしてしまいました。
  • 月一度、38度を超える発熱があったこと。
  • 緊張すると必ず扁桃腺から熱を出す体質で、あと2年で大切な試験があるのでいつものように腫らしては大変だと思ったから。
  • 高熱と猛獣のようだといわれるイビキ(♀)
  • 2月下旬に風邪をひいて扁桃腺炎を患って以来、ほぼ2週間おきに5回扁桃腺炎の再発を繰り返したため、点滴、投薬による治療は無効と判断したため。
  • 繰り返す扁桃腺炎に悩んでいたので。また、毎日のどの状態を気にするのがイヤになったから。
  • 39~40度の熱が2ヶ月に一度位の割合で、でてたから。
  • 今まで扁桃腺が腫れると内科に行っていましたが知り合いから耳鼻科に行ったほうがいいよの薦めにて受診一年で6回ぐらい高熱40度位を1週間続いてしまうと耳鼻科の先生より手術したほうが良いと突然高熱出て苦しむより1回の苦しみ痛みの方が良いと思い決めました。
  • ここ2年程、重度の扁桃腺炎を頻繁に繰り返すようになったため。
  • 頻繁に繰り返し症状もだんだん悪化。この痛みをずっと繰り返すかと思うと1回痛い思いをした方が良いと思った。
  • 熱がよくでた。
  • ここ一年で、高熱を伴う扁桃腺炎が7回くらいあって、体全体のだるさもひどくなり、扁桃腺のせいかな?と思ってとって楽になるならすぐに取ろうと思いました。
  • 月に1度扁桃腺炎になり、高熱が出るため。
  • 30を過ぎてから急に1ヶ月に1回38℃を超える熱が出たので。
  • 繰り返し 扁桃腺を腫らすので、小児科の先生にすすめられた。
  • いい加減、年に数回起きる高熱と痛みに嫌気がさした。
  • 年に数回扁桃腺炎になっており、また、会社の協力もあり決心。
  • 年に3~4回程、40℃の熱を出し続けるも仕事を優先しておりました。が上司とぶつかって仕事よりも体を優先させる事を決意しました。
  • 頻繁に腫れるので、やはりやるしかないかな、と。
  • 幼少期より何度も扁桃腺の腫れを繰り返し肥大化。成人しても1年に2,3回の腫れで使用を来す。扁桃腺自体に菌がいる可能性や他臓器への弊害を考慮して手術決意。
  • 腫れが頻繁に起きてしまうので。
  • 小さい頃から扁桃腺がしょっちゅう腫れ大人になっても変わらず嫌気がさしたから。
  • 高熱が頻繁に出たため。
  • 半年の間に6回も扁桃腺炎→高熱を出すようになったため。
  • 高熱ばかりでしんどかった。 喉が常に腫れていて食欲も落ちたから。
  • 扁桃腺による熱が慢性化し生活や仕事にも影響が出た為。
  • 扁桃腺炎を繰り返していたため。
  • 熱。
  • 一月の間高熱に悩まされたから。
  • 年に数回40度近く高熱がでていた事と無呼吸症候群で両方とも症状が改善できると思った為。
  • 高熱と喉の痛みが月に何度も繰り返すようになったため。
  • 年に3-4回高熱で倒れていて、会社や家族のため、決心。
  • 慢性敵に扁桃腺炎による高熱発症。
  • 毎月扁桃腺が腫れ、熱がでてしまい、仕事に支障がでていた。更に急性扁桃炎で半年毎に入院していてきりがなかった為、手術を決めました。
  • 年2~3回発生する40度超えの熱に耐えられなくなったため。
  • 喉の痛みと違和感があり年に何回か熱が出る為。
  • 1年に3回程の高頻度で毎年扁桃腺炎のなった為。
  • 熱が出るので 。
  • 月に3~4回発熱。
  • 40℃の熱!
  • 高熱でダウンしやすく、小2の特に扁桃腺が異常に腫れあがり、高熱と呼吸困難が続いたため、医師から切除手術を勧められ両親は迷いもあったけど、手術を決意したそうです。
  • 今年度に入ってから3、4回の扁桃腺炎が起こっていることと、年齢の割に扁桃腺が肥大していることから、手術を決めました。
  • 半年間に4回も急性扁桃炎になり、体力、気力、病院代も限界だったため。
  • 2年間は3ヶ月ごとに39度の高熱のを繰り返し、リンパが腫れていたせいで耳痛が4ヶ月続いたので手術を決心しました。
  • 1~2ヶ月おきに高熱を出し日常に支障をきたすようになったため。喉の痛みから解放されたかったため。
  • 年に3、4回の高熱は扁桃腺肥大が理由であったため。あと、気分良く歌えるようになるため。
  • 炎症高熱を一ヶ月事に繰り返し仕事や色々な所に支障をきたしたので決意しました。あと彼女や周りから早く取れとかなり言われたので幾らなんでももう言い訳出来ないと思い決意しました。
  • 最初は薬で抑えられる範囲だと思っていたが、炎症の間隔が短くなり毎月のように寝込むようになり、生活に大きな影響がでるようになったため。
  • 19年扁桃腺炎を繰り返していたため、厄年の前に手術を決断。
  • 手術なんて大げさなと思ってたけど今亜年中風邪っぴきもう嫌だ!と思った。
  • 慢性扁桃炎で熱が半端なかったのと抗生物質に一部アレルギーがあり解熱剤に制限があったため。
  • 慢性扁桃炎のため。口蓋扁桃が感染病巣となり炎症を起こしやすい状態になっていた。
  • 慢性扁桃炎で10年ほどは2~3回/年の炎症発症だったが、毎月発症するようになった為。
  • 慢性扁桃炎のため、掛かり付けの耳鼻科から、手術を勧められた。
  • 風邪ひくたびや疲れたとき体力落ちたときに限って、扁桃腺になるため。そして慢性化したため。
  • 急性扁桃炎から慢性扁桃炎になり三人の医師から手術を勧められた。
  • 慢性化しており、この苦しみから逃れる術は手術しかないと悟った。
  • 慢性扁桃炎で10年ほどは年に2~3回の発熱だったのですが、ほぼ毎月、高熱(39度以上) を数日間発症するようになったためです。地元の医者(喉が弱いんですね)→有名な耳鼻科 (毎月なら、大きなところへ行った方が良いね)→総合病院(切ったら治りますよ^^)…という流れです。
  • 年に4~5回は扁桃腺炎になり、毎日の様に耳下と扁桃腺に軽い痛みがあり、微熱あり、だるい状況が5年続いた。 医師からは慢性扁桃炎だから手術しないと完治はしないけど、様子を見ようと言われた。 そのうち毎月高熱が出るようになってしまった為、手術を勧められ決意。
  • 慢性扁桃炎。
  • 慢性扁桃炎。
  • 慢性扁桃炎で、3カ月で4回扁桃周囲膿瘍を患い担当医
  • 扁桃腺が年間で六回ぐらい腫れ高熱出して、高熱までとはいかなくてもよく腫れていた。手術を決めたきっかけは遂に抗生物質で腫れを抑えても抗生物質が切れて2日ぐらいたつと再び腫れ出すと言った最悪な状態になったため手術を決めた。
  • 高熱を出す機会が多く、職場に迷惑をかけるから。
  • 年に何回も扁桃腺炎を繰り返したため。
  • 扁桃腺炎を繰り返していて毎日点滴通いがめんどくさくなった為。
  • 習慣性扁桃腺炎と診断され、腎炎防止のため受けました。
  • 何年も繰り返し熱を出していて、癒着が進んだのと、結婚を機に手術でいびきが軽減されればなぁ・・・
  • 毎月必ず扁桃腺炎になり、1ヶ月のうち最低1習慣は寝込み抗生物質を投与し続け、何も喉を通らず激やせし大学に通うのが大変だったから。
  • 20歳を過ぎた頃から扁桃腺炎を毎冬ごとに繰り返し手術を受ける前年は点滴治療で治ったと思ったらまた翌週なってしまい入院。入院を期にもうこんな思いはしたくないと思い手術を決心しました。
  • 年に3-4回、風邪をひくと4-5日間39-40度の熱が続くため。
  • 頻繁に熱が出ていたため。
  • 小学3年生だったので親が決めていた。月に一週間は高熱で学校を休んでいた為。
  • 扁桃腺炎による高熱が頻繁に起きていたため。ひどいときは一月に2 回。治癒したかと思えばまた高熱。掛かり付けの耳鼻科の先生に手術をすすめられた。
  • 月1で熱を出し、10日間は下がっても39度という状況だったので。
  • 2ヶ月に1度、扁桃が腫れ仕事にならなかったから。
  • 幼少のころから扁桃腺が腫れ、高熱になることが度々ありました。しかし、ここ2年は疲れがたまったりすると即座に扁桃腺が腫れあがり、熱も38度を超えるような高熱に襲われるようになりました。2年間で都合、10回程度会社を休むこととなり、医師に推奨されたので。
  • 扁桃腺炎を2ヶ月間の間に4回繰り返しており、仕事に支障が出たため。
  • 毎月必ず扁桃腺炎になり、1ヶ月のうち最低1習慣は寝込み抗生物質を投与し続け、何も喉を通らず激やせし大学に通うのが大変だったから。
  • 1ヶ月ごとに38度以上の高熱が出たため。
  • 毎月毎月、喉の高熱で点滴を受けるほど酷くなったため。
  • 40度の熱が年に6回以上でたし、腫れて膿みがでるのは月1だったから。
  • 8ヶ月で4回、扁桃腺由来の熱が出たため止む無く。
  • 5~6回の発熱に続き、扁桃腺が腫れて気道が数ミリまで塞がってしまい・・・。
  • 長年の慢性扁桃炎が辛く、手術の決心をしました。
  • 高熱が頻繁に出てしまったから。
  • 1ヶ月に1度のペースで扁桃腺がとんでもないくらい腫れ、1週間かけないと治らないため。
  • 1ヶ月に一度40℃出すようになったから。扁桃腺炎でも一週間は動けなくなるから摘出して10日の入院ならやった方が良いと考えて。
  • 扁桃腺炎を繰り返していたから。
  • 風邪をひくと扁桃腺が腫れて、治った後も一月位、腫れが収まらなくなるっていうのを繰り返した為。
  • 毎年扁桃腺炎を繰り返し、今年扁桃腺炎で2度めの入院をしたこと。
  • 一か月に一回のペースで扁桃腺が腫れていました。子供を授かったりした時にもしも腫れてしまったら薬を飲むことができないので、取っていた方がいいと言われ取ることを決めました。
  • 年間10回は高熱を出すから。
  • 一ヶ月に二回は膿みが付き高熱でした。仕事を休むのがいやになりやっと、決断しました。
  • 無呼吸が酷いのと、1月に1回の高熱から開放されたかったから。
  • 高熱を頻繁にだしていたから。
  • 年間に何度も風邪を繰り返して、40℃を越える熱が4回ありその都度喉に白い膿みがついたため。
  • 高熱を毎回出して、つらいから。
  • 疲れたりすると、熱がでて、解熱剤を飲んでさげたりしていました。扁桃腺肥大、慢性扁桃炎と言われ、決断しました。
  • 風邪でよく熱が出て仕事休んだり、喉が腫れたりがあり、無呼吸症候群でいびきが気になるために手術。
  • 1ヶ月で3~4回扁桃腺が腫れたから…。
  • 扁桃腺炎を年に4回起こし、昨年は4回目で40度の熱が1週間続いた為。費用や休暇で悩んだので、手術をすると決めるまで1週間かかりました。
  • 2ヵ月に1回40度近い熱を出していたので、職場への迷惑や体力の限界を感じて、手術を決めました。
  • 年に数回扁桃腺炎を繰り返し、仕事を休まざるを得ないときがあるため。上司からの勧め。
  • 10年くらい前から、一年に3~4回くらい扁桃腺が腫れて38~40℃くらいの高熱が出て、抗生剤と点滴をしても3日くらいは熱が下がらず、仕事も休む事が多く困っていたので手術を決めました。
  • 去年1年で5回高熱を伴う扁桃腺炎に罹り、腎臓の病気にも繋がる可能性があると聞き、早いところ治せるものは治そう(摘出しよう)と思ったから。
  • 初めて扁桃腺炎にかかってから1ヵ月半で3度発症(2度目は扁桃周囲膿瘍)。仕事、家事への支障が大きく、度々繰り返すのは堪らないと手術を決めた。
  • 冬は何度も扁桃腺炎や溶連菌を繰り返していたが、子供を作りたいので、抗生物質を飲まないようにしたかったから。
  • 二ヶ月おきくらいに高熱がでるので。
  • 繰り返し発熱するため(半年で10回ほど)。
  • 以前からよく腫れて辛かったため。
  • 月に2.3回40度を超える熱をだすようになったから。
  • 扁桃腺が痛くなると高熱が出て、だんだん抗生剤が効かなくなってきたため。
  • 扁桃腺炎を繰り返しており高熱はあまりなかったが微熱が続いていたこと。扁桃腺炎による膿みが扁桃腺に常についていて気持ち悪かったこと。いびきがひどく睡眠時無呼吸症候群になっていたこと。
  • 年に10回以上扁桃腺が腫れていた為。
  • 年に3回以上必ず風邪をひき、就職する前に手術しようと思ったから
  • 頻繁に熱を出したり、鼻血を出すから。
  • 1.何度も高熱をだす 2.扁桃腺に腫瘍ができた。
  • 扁桃腺炎を繰り返した為。
  • 2週間に1度高熱で3日間寝込んでしまうから。
  • 季節の変わり目には必ず風邪ひくし、完全に風邪が治る前に次に風邪ひき38度超える熱がでたから。
  • 慢性扁桃炎。
  • 月に2,3熱を出すようになったから。
  • 月1で腫れるようになったから。
  • 年に3回程、40℃を超える熱を出し呼吸も困難なほど扁桃腺が腫れる為、妊娠した場合など薬が飲めない状況はつらいと思い手術を決めました。ちなみに結婚も妊娠の予定もありませんが 笑。
  • 月1で39℃以上の発熱が一週間続くようになっていたので。薬は常に手放せないし、疼いているのをなだめて…なだめきれずに発熱の繰り返し。妊娠中は薬も使えなくなるのでそれも考慮し、決断しました。
  • 出産後、頻繁に扁桃腺炎になり40度近い熱を3ヶ月に一度だしていて育児に支障をきたすのならと決意しました。(幼い頃から扁桃腺肥大で高熱をだしてましたが、産後のほうが頻繁になりました。)
  • 1ヶ月に1度必ず扁桃腺を腫らしてしまうようになり、熱が出て1週間寝込む生活が5ヶ月続いたため摘出手術を決心しました。
  • 二ヶ月おきくらいに高熱がでるので。
  • 疲れたと思ってなくても、毎月扁桃腺炎にかかってしまう。子供の事でこれからもっと忙しくなるし、今年の年末連休が多いので、手術する事にした。
  • 慢性扁桃炎だったから扁桃腺の摘出手術をしました。
  • 常に微熱があり、扁桃が赤く腫れていて、両側の扁桃腺から臭い匂いが常にしており、膿栓が毎日出てきてました。
  • 毎月1回2週間は抗生物質漬けになってしまった。後、疲れるとすぐ熱が出る。
  • 扁桃腺肥大 慢性扁桃炎 腫瘍の可能性有り。
  • 右側の扁桃腺 慢性的に炎症おこしていたため
  • 高熱が引かず、点滴治療で1週間入院し、扁桃腺切除を勧められる。
  • 幼稚園児の頃に頻繁に扁桃腺が腫れるようになり、ある日病院に行ったら同伴した母は医師に扁桃腺摘出を勧められ、即決したとのこと。
  • 慢性扁桃炎
  • 膿栓ができ、高熱が頻回に起こるようになったため
  • よく扁桃腺が腫れて熱が出たから
  • 度重なる高熱と痛さが辛くて手術をしました。
  • 毎月扁桃炎になり、仕事に支障がでてきたため。点滴治療をしても、1ヶ月あまり治らないときがあり、医師にすすめられた。
  • 去年1年で5回高熱を伴う扁桃炎に罹り、腎臓の病気にも繋がる可能性があると聞き、早いところ治せるものは治そう(摘出しよう)と思ったから。
  • 子供の頃から扁桃腺は人より大きかったのですが、手術するほどでもない大きさだったので放置しておりました。しかし、4ヶ月の間に5回風邪をひき、来年から仕事に就くに当たりこれではマズいと言うことになり、手術を受ける決心をしました。
  • 子供の頃からよく熱は出たようです。大人になり毎年1度は高熱で倒れてましたが3日あれば大抵治りましたか、今年は既に3回高熱を出ししかも治るのに5日はかかるようになったのと、熱の出方がたかい、40度が3日間が続き喉の痛みも半端なくて唾も飲めませんでした
  • 扁桃熱が毎月出るようになったので手術を決めました
  • 月一回のペースで扁桃腺が腫れ高熱が出るから
  • 慢性扁桃炎で、ずーっと痛いか腫れるか違和感があったから
  • 年に15回くらい扁桃を腫らすから
  • 年に3~4回だった扁桃炎が2ヶ月に1回ペースになり、社会生活に支障をきたす様になったから。
  • 年に、5回以上の扁桃炎。 ムリをしたりすると、すぐ腫れるようになり、限界だと思い、保険に入り手術を受けました。
  • 繰り返す高熱
  • 3ヶ月連続で40℃の発熱を経験したため
  • 年々、扁桃腺の腫れがひかず、40度近い熱がたびたび出るため、体力のある年齢の間に摘出手術を決断しました。
  • 1ヶ月に何度も扁桃腺が腫れて、治りかけて、腫れての繰り返し。来年就職ということもあり医師に摘出を勧められたためです。
  • 年に数回、熱が出ていてさほど気なしていなかったが、大学四年生の時に部活を引退してからというもの、毎月2回は扁桃腺で熱が出るようになったため。
  • 高熱を頻繁にだしていたから。
  • 年間に何度も風邪を繰り返して、40℃を越える熱が4回ありその都度喉に白い膿がついたため。
  • 高熱を毎回出して、つらいから。
  • 疲れたりすると、熱がでて、解熱剤を飲んでさげたりしていました。扁桃腺肥大、慢性扁桃炎と言われ、決断しました。
  • 1ヶ月で3~4回扁桃腺が腫れたから…。
  • 何度も再発していて辛かったから
  • 疲れたり、ストレスが溜まると微熱がよく出たため。
  • 高熱で辛いのが嫌になった。
  • 熱がよく出るため。
  • 何度も高熱がでるから。
  • 熱、痛みが一年に繰り返した。
  • 何度も発熱を繰り返す為。
  • 扁桃腺がよく腫れるから。
  • 毎年、扁桃腺の腫れによる高熱を出していて、その度に何も喉を通らなくなったり、仕事を休むことになっていまっていたのと、扁桃腺が腫れて高熱を出す度に腎臓に負担がかかっていて他の病気になってしまう可能性があると聞き、手術を受けることを決めました。
  • 高熱がでてしんどい。
  • 40度以上の高熱が度々続き辛かったので。
  • しょっちゅう喉が痛くなるため。
  • 私の場合は人生で熱を繰り返した訳で無く、27歳でヨーレン菌で初めて息が出来なくなる程喉が腫れ、翌年の夏に突然倒れ、翌日からヨーレン菌の時と同じ様な症状で突然高熱が出ました。内科で急性扁桃線炎と診断が出まして、ヨーレン菌も陰性。そこから1月以上5日セットの薬が切れる度に高熱を繰り返す状態が続き、熱が下がる度に会社復帰していましたが1月経った時点で長期休みを決心して手術の予約をしました。
  • 父親が慢性の腎臓病にともない扁桃腺切除、息子の私も扁桃腺をよく腫らしていたため切除を進められました
  • 扁桃腺による発熱が多発したため
  • 年に何度も扁桃炎になる。ひどいいびき。扁桃腺肥大のため声を出しづらいなどの症状に悩まされていたため
  • 扁桃腺炎を繰り返したため
  • 月一回のペースで扁桃腺が腫れ高熱が出るから
  • 扁桃が、腫れて熱発が出るのがひんぱんになり甲状腺疾患持ちのため風邪薬を使えなくて点滴通院も限界に近づいていたので手術に踏み切りました。
  • 毎月の様に高熱を繰り返してる自分と生活を制限してるのが嫌になったから。
  • 年に何度も扁桃炎で苦しめられ、術前最後に扁桃炎になった際に水を飲もうとしても腫れすぎて鼻から出てきてしまい、入院にまで至った為。
  • よく扁桃腺が腫れたので
  • 産後、扁桃腺炎を毎月のように繰り返し、子育てどころでなかったから。
  • 昔から扁桃腺炎を繰り返し、更にしょうせき膿疱症になったから
  • 毎月といっていいほど扁桃炎となりのどの痛み、高熱が出るため。
  • 頻繁に40度以上の発熱があえううえ、急性喉頭蓋炎で一週間の入院が三回あったので、医師や上司に勧められた
  • 慢性扁桃炎。 鼻中隔湾曲症もあり、扁桃炎の原因である鼻から手術。1年後、扁桃腺摘出手術をしました。
  • 就職してからハードワークが続き熱が頻繁でて会社を結構欠勤してた。
スポンサードリンク

扁桃腺摘出手術に関するアンケート集計結果

スポンサードリンク
Copyright(c) since 2006 りよんの扁桃腺手術体験記 All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com