TOP▲
トップ > 扁桃腺手術体験談に関する記事一覧 > 扁桃腺炎と芸能人

スポンサードリンク

みんなの手術体験談
皆様の扁桃腺手術体験談


アンケート集計結果
扁桃腺手術の理由、手術費用、入院期間、後遺症


ももいろクローバーZ 有安杏果さん

有安杏果さん 扁桃腺摘出手術をしました

もう知ってる人も多いと思うけど、私、先日、扁桃腺摘出手術をしました。

というのは、10月末からいきなり慢性化してしまい、扁桃炎を繰り返すようになっちゃって・・・。 このままじゃ大好きな歌が歌えない!!(;Θ ;)

ってことで、お医者さんとマネージャーさんと相談して、お口の中から扁桃腺を取ることにしました。

ももいろクローバーZ 有安杏果さん オフィシャルブログ ももパワー充電所より引用。

フジテレビアナウンサー 三田友梨佳さん

三田友梨佳さん 扁桃腺の摘出手術のため休養

フジテレビの三田友梨佳アナウンサー(28)が、 自身が出演するフジテレビ系情報番組「直撃LIVEグッディ!」で、 扁桃(へんとう)腺の摘出手術を受けるため30日から来週にかけて同番組を休むことを発表した。

三田アナは29日生放送のラストで「実は私、扁桃腺の摘出手術を受けることになりまして、 来週いっぱいお休みをいただくことになりました」と報告。 番組メーン司会の安藤優子キャスター(56)は、 「さらなる美声になって戻ってきてもらいますのでご期待いただきたいです」と笑顔で激励した。

日刊スポーツ2015年9月29日16時44分配信分より引用。

w-inds.橘慶太さん

橘慶太さん 扁桃腺を切除「ようやく思いっきり歌える」

3人組男性ダンスユニット「w―inds.」のボーカル・橘慶太さん(26)が 9月に扁桃腺を切除していたことが分かった。7日、自身のブログで明らかにした。

扁桃腺は昨年ぐらいから悪化し始めたといい、 「今年なんて一週間のうち4、5日は熱ある状態で、最悪だったんで手術を決めまして」と橘。

「一週間の入院は地獄のような生活でしたが、今は体調が良すぎて逆に怖いです」と回復ぶりをつづり、 「これでようやく思いっきり歌えるぜー。チェストボイス(地声)のコントロールが今はまだ難しいけど、 きっとこれでまた僕は一つ大きくなるでしょう」と喜んでいる。

「w―inds.」は01年にメジャーデビューし、 同年、日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞。02年にはNHK紅白歌合戦に初出場した。

秋川雅史さん「千の風になって」

秋川雅史さん 扁桃腺の手術を3回

日本のテノール歌手。父は声楽家の秋川鴨宏。代表作は「千の風になって」
生年月日:1967年10月11日

秋川雅史さんは、イタリア留学中に舌根扁桃(舌の付け根の扁桃腺)の病気で声に雑音が入るようになってしまい、 絶望の時期を経験されましたが、日本へ帰国し手術を受け、従来の声を取り戻しました。手術は合計3回受けています。 (Wikipediaより

秋川雅史さんは、徹子の部屋(テレビ朝日)(2007年2月6日) に出演された際に扁桃腺と扁桃腺の手術について触れられていました。

秋川雅史さんは、イタリアに留学中に、扁桃腺に障害を持ってから、声に雑音が入る(声がガリガリする)ようになりました。 歌ってみると本当にひどい声だったそうです。様子を見ていましたが、元に戻る様子がないので、 日本に帰国し検査をすることになりました。

ところが、どこの医者にも扁桃腺と声は関係ないと言われてしまいます。 でも秋川雅史さん自身は、絶対に扁桃腺が原因だと確信があったので、手術をお願いしました。 舌根扁桃を切り取る手術をすることになりましたが、かなり危険な手術だと言われていたそうです。

危険だと言われても、どうしても歌の道を諦めきれなかった秋川雅史さん。3度の手術を受け、元の声を取り戻すことができました。

秋川雅史さんは、J-WAVE(FMラジオ)(2007年2月24日)に 出演された際にも、扁桃腺と扁桃腺の手術についてこう答えていらっしゃいます。

以下、J-WAVEよりの引用です。

【インタビュアー】パルマでは充実した4年間を過ごされていましたが、すごいアクシデントがあったんですか?

【秋川雅史】そうですね。声に障害が出てしまったんです。最初は扁桃腺が腫れ上がって、 痛みが引いてから練習を再開したら声にガリガリと雑音が入るんですよ。 全然テノールの声にならなくて、1~2ヶ月と経ち、これはどうにもならないので医学の面で解決していかないと駄目だと思って、 日本へ帰国することにしたんですよ。

【インタビュアー】なるほど。それが帰国のきっかけだったんですね。

【秋川雅史】本心はもう1年いたかったんですけども、一旦帰国して原因を調べて手術が必要ならして、 とにかく治そうと思ったんです。

【インタビュアー】歌手にとって喉は命だから嫌になったことはありませんでした?

【秋川雅史】これが原因と分かって手術をするのなら希望が見えるんですけども、原因が分からないんです。 自分の中では扁桃腺が腫れた日からおかしくなったので、扁桃腺が原因なのは間違いないはずなんですけども、 調べても分からなかったので、その時は葛藤ですよね。

それで間違っていてもいいので「扁桃腺を切ってください!」とお願いして、 結局3回手術したら、元に戻ったんですよ。

【インタビュアー】なるほど。見事復活を果たしたんですね。そして1997年にカンツォーネコンクールで優勝。 そして日本クラシック音楽コンクールでは声楽部門で最高位を受賞。

安めぐみさん

安めぐみさん 扁桃腺の手術を3回

男性が選んだ結婚したいと思うタレントNo.1(2006)
生年月日:1981年12月22日

安めぐみさんは、デビュー当時から比べて声がかなり変わったようですが、 それは、扁桃腺の手術をしたことが原因なのだそうです。再発したため3度手術をしました。 (Wikipediaより

安めぐみさんが、『オーラの泉』(テレビ朝日)(2008年11月1日)に出演された際に、 喉と扁桃腺の手術のことについて触れられていました。

以下、江原啓之さんと安めぐみさんのお話を簡単にまとめてご紹介しますが、内容を保証するものではありません。

安めぐみさんは、下痢をしやすく、喉を掻く癖があるのですが、それは、 江原さんによると「言いたいことが言えない」ことのシグナルなのだとか。 安めぐみさんは、子どものころ、家族の悩みを抱えていて、周りの顔色を常にうかがっていたそうで、

【江原】「それが原因でお腹を下すことがある。食べ物だけでなく、そういう状況、 人の気持ちも消化し切れない。それが、シグナルとして現れる。」

【安めぐみ】「何もない時は、何もないんですけど、人の言葉がわっときたり、 人の感情がわっときてしまった時に、溜め込んでしまう。」(ほぼ、毎日下痢になる)

【江原】「喉によくきますでしょ?」

【安めぐみ】「喉は三回、手術しているんです。」

【江原】「病気もあるけれど、『自分の言いたいことが言えない』シグナルもある。 いい子だから『はい』って言っちゃう。それが詰まって、喉にシグナルとして出やすい。」

【安めぐみ】「私よくこうやってやっちゃうんです(喉を掻く仕草)。 何か争いごとが起きてたりすると、こうやっちゃうんですけど、そういうことだったんですね。」

安めぐみさんには、番組の中で次のようなアドバイスがありました。
心のシグナルが体調に表れます。体調が悪い時は、お医者さんに診てもらうだけでなく、気持ちの中に原因がないか、考えてみて下さい。

土屋アンナさん

土屋アンナ「声が出ない」体調不良でダウン イベントキャンセルを謝罪

タレントで歌手の土屋アンナ さんが、のどの病気である扁桃腺炎になり、 医師から最低10日間の絶対安静を告げられたことがわかった。 現在は声も出ない状況だといい、予定されていたイベント出演などは延期・辞退することになる。

2012年9月19日にオフィシャルサイトに掲載された告知によると、 土屋アンナ さんは、 今月17日から高熱が続いており、医師の診察の結果、扁桃腺炎と診断が下ったとのこと。

最低10日間の絶対安静を告げられ声も出ないといい、予定されていた収録や撮影はもちろん、 出演予定だった各種イベントなどについても延期または出演辞退することになるという。 サイトには「いつも応援してくださっているファンの皆様、ご心配をおかけして申し訳ありません」など、 ファンや関係者への謝罪のコメントが掲載されている。

シネマトゥデイ2012年9月19日 21時48分配信分より


土屋アンナが明日にも仕事復帰!元気に復調を報告

先週、扁桃腺炎のため医師から最低10日間の絶対安静を告げられたと発表していたタレントの土屋アンナさんが、 自身のオフィシャルブログで復調を報告した。27日にも仕事に復帰するという。

先週の17日から高熱が続き、医師の診断後、予定されていたイベント出演などをキャンセルしていた土屋。 オフィシャルブログの告知では声も出せない状態とされ、コメント欄にはファンからの心配の声が相次いだ。

26日付けの「ただいまん!」と題したブログで土屋は、 「皆様復活しました!!」と元気に復調を報告。細菌の感染で扁桃腺が炎症を起こすこの病気は、 一度かかると再発も多いとされており、 土屋自身も「この扁桃腺の病気とは長い付き合いになっていくと思います」とつづり、 今後は疲れをためないよう、体調に気を配って活動することを示唆。 「ずーっと歌っていきたいので」と歌手としての決意をにじませた。

一方、明日27日をもって絶対安静の期間となる10日が過ぎるとあってか土屋は、 「明日から仕事復帰」と早々の復帰を報告。周囲への謝罪と共に「これからも応援お願いします!」 と力強いメッセージを送った。ブログのコメント欄には、 土屋の体調を心配していたファンからの「おかえりなさい」の声があふれている。

infoseek Woman news2012年9月26日 22時47分配信分より


土屋アンナ、扁桃腺炎回復「治りました~」

扁桃(へんとう)炎で休養していたモデルで歌手の土屋アンナ(28)が4日、 都内で「AGATA PARIS×The Rolling Stones」 限定コレクションの発売記念イベントに出席し、「治ったよ!治りました~」と回復を報告した。

先月20日付の公式ブログで、扁桃腺炎にかかったことを公表したアンナは、 アクセサリーブランド「AGATA PARIS」と英ロックバンド 「The Rolling Stones」のコラボ商品を身に着けて元気いっぱいに登壇した。

3月にも扁桃腺炎を発症したと明かし、「1回なるとあれ、なりやすくなっちゃうんだよね。 疲れたときに出てきちゃって、本当は扁桃腺を取るんだけど、私、歌うので取れないから」と説明した。

39度を超える発熱に見舞われ、「今回は(症状が)重かった。何も食べられないの。 唾も飲みこめないの。声もまったく出ないし、食べたい物も食べられない。お休みしている間って、 普段は見ないテレビ番組とかを見るじゃないですか?(番組の内容は)食べ物が多いんですよね。 それがつらかったですね~」と我慢を強いられた休養生活を振り返った。

日テレNEWS242012年10月4日 15時54分配信分より


土屋アンナが元気に復帰!「熱は39度を超えるしヤバかった」

歌手でモデルの土屋アンナが4日、都内で「AGATHA PARIS × The Rolling Stones」 発売記念イベントに出席した。

扁桃腺炎のため最低10日間の絶対安静を医師から告げられたという土屋は明るい笑顔で登場すると 「治ったよ!」と元気に報告。

場合によっては扁桃腺を切除することもあるということだが 「でも私は歌わないといけないので取らなかった」と明かし 「(安静中は)声はまったく出ないし何も食べれない、つばも飲み込めない。熱は39度は超えるしヤバい!」 とざっくばらんに語った。

マイナビニュース2012年10月7日配信分より

元AKB48 板野友美さん

板野友美さんが体調不良を謝罪「扁桃腺が腫れちゃって高熱続きで…」。

「体調不良のため、2012年4月7日と8日に東京ビッグサイトで開催された「GIVE ME FIVE!」劇場盤発売記念 大握手会を欠席したAKB48の板野友美 さん(20歳)が4月9日、公式ブログで現在の体調を報告すると共に、 握手会欠席を謝罪した。

9日付けのエントリー「みんなへ」では、まず、「6日から熱がでて病院で点滴をして薬をもらったんだけど、 扁桃腺が腫れちゃってあまり効かず高熱つづきで、3日間お休みをいただきました」 と体調不良の状況を報告。

現在は「やっと熱が下がりました。でも口内炎?みたいなものが喉にも口にもできて、 今は食事をとるのも飲み物飲むのも痛くて、自分と闘ってます」とのことだ。

また、「迷惑をかけてしまってごめんなさい」「とくに、昨日、おとといの握手会に来てくれた皆さん、 本当にごめんなさい」と謝罪の言葉を重ね、「ちょっとずつですが、回復にむかってます。 本当に心配かけてごめんね。。早く皆に会いたいです」との言葉でエントリーを結んでいる。

板野友美 さんはは4月5日から6日にかけてTwitterに「昨日予防接種した左肩が痛いよ。なんか熱っぽいし。。 予防接種ってこんな症状になるのかな?」「熱でた。辛い」「病院行って取材と収録」などとツイート。 ファンから心配の声が上がっていた。」

ナリナリドットコム2012年4月10日 2時45分配信分より

宇多田ヒカルさん

宇多田ヒカルさん、米国プロモ延期・・・急性へんとう周囲炎再発

■「Utada」名義で活動中のシンガー・ソングライターの 宇多田ヒカルさん (26)が2009年5月12日、 急性左部へんとう周囲炎のため、 米国でのプロモーションを延期すると発表した。

公式サイトによると、医師から「急性左部へんとう周囲炎の再発」と診断された。 今後ニューヨーク、ロサンゼルス、シアトル、サンフランシスコ、 ホノルルでインストアイベントなどを予定していたが、 医師から短期入院が必要で、 最低2週間は旅行と声を出すことを控えるように指示されたという。

宇多田ヒカルさんは、 現在は自宅で静養しながら通院し、静脈への薬の投与を受けているという。 症状は回復に向かっているが「完全に治るまで注意しなければいけない」とし「出来る限り休息を取りたい」 とつづっている。 年に1~2回、極度の疲労で免疫システムが崩れると同様の症状が出るという。

Yahoo!JAPANニュース2009年5月13日8時0分配信 スポーツ報知より

エルヴィス・プレスリーさん

声が変調するのを恐れて、扁桃腺の切除手術は行いませんでした。

生年月日:1979年5月16日

エルヴィス・プレスリーは、軍に在籍中、病気にかかり軍の病院で扁桃腺炎と診断されました。

その際、医師は彼の声が変調するのを恐れて、扁桃腺の切除手術は行いませんでしたが、 回復し健康を取り戻しました。

Wikipediaより

渡辺えりさん(渡辺えり子から改名)

渡辺えりさん(渡辺えり子から改名)

女優。
生年月日:1955年1月5日

女優の渡辺えりさんは、扁桃腺が腫れて手術するなど病気続きで、トラブルに巻き込まれることも多く、 2007年6月に収録されたオーラの泉(テレビ朝日)で、美輪明宏さんに相談したところ、 「名前の画数が悪い。いつまでも子供じゃないんだから“子”をとりなさい」と勧められ、 「渡辺えり子」から「渡辺えり」に改名しました。

松本康太さん(レギュラー)

扁桃腺を腫らしてしまい手術。

お笑い芸人。
生年月日:1979年5月16日

気絶ネタは、最初は松本さんがやっていのですが、このネタが元で扁桃腺を腫らしてしまい、 手術をして以来、相方の西川晃啓さんがするようになったそうです。

福盛和男さん

扁桃腺除去手術を行いました。

プロ野球選手。
生年月日:1976年8月4日

2006年オフ、シーズン中に扁桃腺炎に悩まされたことから扁桃腺除去手術を行いました。
Wikipediaより

Copyright(c) since 2006 りよんの扁桃腺手術体験記 All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com